wimaxは気軽

それではもう1つ、wimaxを使う上でのメリットとデメリットについて紹介します。

wimaxは最初に説明したとおり、持ち運び型のルーターによってインターネット接続をするという形式となっています。通常、自宅でwi-fi接続を行う場合、インターネット回線を引くための工事が必要となります。しかし、wimaxの場合は専用のモバイル端末の受け取りだけで利用を開始することができるため、部屋に業者を上げるような必要がありません。

その代わり、利用する際にはそのモバイルルーターを近くに持っていなければならないというデメリットがあります。自宅内で使用する場合ならば、有線から引き込んでいる据え置きwi-fiの方が無線の範囲は広いため、フリーハンドで利用できる範囲はそちらの方が広くなります。外出時に利用したいのかどうかで、どちらを利用するのか考えるといいでしょう。

そして、もうひとつポイントとなるのが、wimaxは無線回線を取り込んで、それをLTE形式でスマートフォンに対して接続させているという点です。そのため、障害物が多い場所ではそもそもモバイルルーターが電波を受信しにくくなり、接続状況が悪くなってしまうことがあります。